自動車取得税とは

自動車取得税の計算

自動車を購入する場合や維持するためには様々な税金がかかってくることになりますが、それぞれの
税金はかなり高額な税金で、一度の税金の請求で数万円以上のお金を滞納しないといけません。

 

自動車を購入する場合は自動車の本体価格はもちろんのこと、どれくらいの税金がかかるかということ
や燃費がどれくらいなのかというのは事前にきちんと調べておく必要があると言えるでしょう。

 

 

エコカー減税の対象となっている税金に自動車取得税と呼ばれる税金がありますが、これは自動車を
購入した場合に発生する税金のことで、税金の分類で分けると地方税という扱いになりますが、自動
車取得税は自動車の購入価格を基準としてそこから一定の税率をかけて金額が自動車取得税という
ことになるため、自動車取得税は一定ではありません。

 

 

意外と盲点になりやすい自動車取得税ですが、これは自動車を購入するタイミングで発生する税金
なので、親切な自動車販売店なら事前に自動車取得税に関する説明も丁寧にしてくれると思いますが、
そうではない場合は自動車の購入によって自動車取得税の存在を知ることになる場合もあります。

 

 

自動車取得税は自動車の購入金額によって課税される税金ということなので、自動車を安く購入した
場合はそれだけ自動車取得税も少なくなるため、金銭的な負担は少なくなることになりますが、自動
車の費用が高額な場合はそれだけ自動車取得税も高くなるため、エコカー減税の恩恵は高くなります。

 

 

自動車取得税の計算

 

 

実際に納めなければならない自動車取得税は、自家用車の場合 取得価格×3%になり200万円で
買った車なら6万円になります。

 

取得価格はすぐに取り外せるもの(マットやスペアタイヤ)は含まれません。

 

 

また、営業者や軽自動車は、取得価格×2%になります。