軽自動車税とは

軽自動車税のグリーン化

軽自動車税とは所有者に毎年課せられる税金です。

 

自動車税は都道府県が課税しますが、軽自動車税は市町村が課税します。

 

 

軽自動車は普通自動車に比べると車体や排気量が少ないということで、もともと税金は少なく設定
されているため、金銭的な負担でいうとそこまで負担は大きくありませんが、それでも一家で数台
軽自動車を保有するような家庭になってくると金銭的な負担もそれなりに大きくなってきます。

 

 

エコカー減税と言えば普通自動車クラス以上のエコカーに適用される減税措置というイメージが
ありますが、エコカーと言ってもいろいろな車があるため、それぞれでエコカー減税の中身は異
なってくるものの、基本的にかなり税金は抑えることができます。

 

 

最近になって軽自動車でもエコカー減税に対応するようになりましたが、どれくらい減税されるは
もともと税額が少ない分軽減される税額は普通車よりは少なくなります。

 

 

ちなみに軽自動車も普通自動車と一緒で自動車取得税や自動車税、自動車重量税などの税金が課税
されますが、それぞれの税金は普通車に比べると低く設定されていて、特に自動車税に関しては普
通車の場合は数万円以上するのが普通ですが、軽自動車の場合は1万円以内になっているため、
かなり税金の面でお得になっています。

 

平成27年4月からは現行の7200円から1万800円に引き上げられています。

 

 

もともと税金が低い軽自動車に、さらにエコカー減税が加わることによって、かなり自動車の維持
費用は安く抑えることが可能になりますが、基本的にエコカー減税による減税は一度だけとなるの
でその点は注意する必要があります。

 

 

軽自動車税のグリーン化

 

 

軽自動車も普通車と同様にグリーン化の特例措置を受けることができます。

 

適用期間は平成27年4月1日〜平成28年3月31日までとなっており、乗用車で概ね25%、50%、75%
の軽減措置が受けられます。