自動車の消費税

消費税増税に伴う軽減措置

自動車を購入する場合に発生する税金だけでなく、自動車を維持するためにも様々な税金が発生する
ことになるので、どのような税金があってどれくらいの税金が発生するかきちんと調べておく必要が
あります。

 

それぞれの税金はエコカーの場合にエコカー減税が適用される可能性があるので、
エコカーの購入を検討している場合はエコカー減税の恩恵をどれくらい受けること
ができるのかも調べておくと良いでしょう。

 

 

自動車を購入する際にかかる税金の中に消費税がありますが、平成26年4月1日から消費税が8%に増税
されたこともあって増税前は新車購入の駆け込み需要があり、エコカーの購入もこのタイミングで、
かなり増えることになりました。

 

 

自動車はもとが高額な物ということもあって、数%消費税が変わるだけでも支払う税金の金額はかなり
異なってくることになります。

 

5%から8%ですから200万円の車なら6万円も違います。

 

さらに今後10%になるわけですから、5%の時より10万円も増えることになります。

 

 

また、今は消費税も8%ですが、今後は10%に引き上げられる予定なので、さらに自動車を購入する
負担がかかることになりますが、そうした税金の負担を減らすために様々な措置が取られています。

 

 

エコカーを購入する場合に適用されるエコカー減税に関しても消費税増税に伴って拡大された措置の
一つですが、消費税が上がることで自動車を購入する人の負担が少しでも減るようにエコカー減税の
内容を充実させ、エコカーの普及に繋げていますが、その効果もあって増税にも関わらずエコカーの
需要は安定的に伸びています。

 

 

消費税10% いつから

 

 

景気回復が懸念されるなか、消費税は2017年(平成29年)の4月1日からになります。

 

消費者からすれば、やはり10%は痛いでしょうね。

 

新車を購入する場合は、やはり増税分が負担増になりますが、ハイブリットやクリーンディーゼル車
など軽減措置を受けられるので増税分はカバーできそうです。