トヨタのエコカー減税対象車

車種別の減税対象車

 

トヨタ自動車は日本が誇る自動車メーカーで海外でも多く乗られている車ですが、
トヨタ自動車は性能が非常に良いことで人気を集めてます。

 

日本で古くなって乗られなくなったトヨタ車も海外では需要が高いということで、
発展途上国などでトヨタの中古自動車が乗られている映像を見ることがあります。

 

 

トヨタもエコカーに力を注いでおり、特にハイブリッドカーは様々な車種で発売されている
ということもあって非常に人気を集めていますが、それぞれのクルマを購入するとエコカ
ー減税を受けることができるということで、高性能で低燃費のトヨタ車を税金の負担なく
購入することが可能になっています。

 

 

トヨタのエコカーと言えば、プリウスをイメージする人が多いのではないかと思いますが、
プリウスは発売されてから今日に至るまで長期的な人気を集めていて、アクアの登場で
よりハイブリッドが身近なものになりました。

 

低燃費な上に税金の軽減措置を受けることができることと、エコカーの中では比較的安価
な車体価格となっているため、特にアクアは購入する際の負担が少ないというメリットが
あります。

 

 

一方のプリウスはフルモデルチェンジを行いハイブリッドに4WDシステムが新たに加わり
人気に拍車がかかっています。

 

降雪地帯に住む方にとっては、新型プリウスのハイブリッド+4WDは「やっと出た!」
と感じる人は多いのではないでしょうか。

 

 

最近ではミニバンやセダンタイプのエコカーも増えており、トヨタの人気ミニバンでもある
アルファードやエスティマ、そして人気セダンでもあるクラウンなどのエコカーも発売され
ていて、自分が気に入った車種から選ぶことができるというメリットがあります。

 

 

エコカー開発の先駆者ということで様々なクルマがトヨタにはありますが、どの車も魅力が
多くなっています。

 

 

車種別の減税対象車

 

 

取得税 非課税、重量税 免税
 MIRAI、アクア、プリウス、SAI、アルファード、ヴェルファイア

ランドクルーザープラド、ヴォクシー、エスティマ、エスクァイア、カムリ、カローラアクシオ
カローラフィールダー、クラウンアスリート、クラウンマジェスタ、クラウンロイヤル
シエンタ、ノア、ハリアー

 

取得税80%、重量税75%
 パッソ

 

取得税60%、重量税50%
 ヴィッツ、カローラアクシオ、カローラフィールダー、シエンタ

スペイド、ラクティス、ポルテ

 

取得税40%、重量税25%
 アリオン、アルファード、ヴェルファイア、ヴォクシー、エスクァイア

オーリス、ノア、パッソ、ハリアー、プレミオ、ラクティス

 

取得税20%、重量税25%
 アイシス、ヴォクシー、オーリス、ノア、ラクティス

 

 

エコカーへの買い替えを検討中の方へ

 

お車を買い替えを検討中の方は、現在の愛車のどれくらいの価値があるのかを
調べておくと何かと便利です。

 

忙しい方でもネットなら簡単にトヨタ車の高額査定を引き出せます。