エコカーの種類

次世代ディーゼル車について

車の燃料には軽油とガソリンとハイオクがありますが、ハイオクほどきれいな燃料で
ディーゼルほど汚い燃料というイメージを持っている人が多いのではないかと思います。

 

車の動力源となる燃料で最も安価な燃料がディーゼル車ですが、ディーゼル車はトラックや
バンなどの車の燃料となるケースが多く、黒い煙を上げる場合もあることから、お世辞にも
地球環境には良い燃料とは言えません。

 

なのでディーゼル車にエコカーがあることを知らない方も多いのではないでしょうか。

 

 

最近では次世代ディーゼル車と呼ばれるエコカーが普及の拡大を見せており、エコカー減税を
受けることができるクリーンディーゼル車が発売されたということでじわじわ人気が高くなっ
ています。

 

電気自動車やハイブリッドカーとは少し違った切り口のエコカーですが、通常の自動車に比べ
ると地球環境に悪影響を与えるガスの排出量がかなり少なく、電気自動車やハイブリッドカーに
次いで普及の拡大が顕著になっているエコカーになっています。

 

そんなクリーンディーゼル車のメリットと言えば、少ない燃料で高い動力を発揮するという点です
が、軽油を燃料を基本として車を動かしているため、ガソリンやハイオク車に比べると燃料代は
かなり安くなっています。

 

また、ディーゼル車は地球環境に悪いというイメージがあると思いますが、次世代ディーゼル車に
関していうと地球環境に悪いということはなく、ガソリンやハイオクよりも地球温暖化に悪影響を
及ぼすガスの発生は少ないと言われていますが、それに加えてハイブリッドカーにも劣らない燃費と
なっていて注目されています。