エコカーの種類

燃料電池車

燃料電池で動くエコカーは市場への普及が少ないため、エコカー減税の対象というわけではありません
が、これから研究や開発が進んでいく過程において、電気自動車に代わるエコカーの台頭となる可能性
は大いにあります。

 

燃料電池で動くエコカーと電気自動車の違いについては、電気自動車の場合は電気を充電して車を走ら
せて電気を使い果たすと再び充電をして車を走らせるというものですが、燃料電池で動くエコカーにな
ると燃料電池にある電気を使うことができるため、電気自動車に比べると走行距離が長くなるというメ
リットや充電の手間が省けるというメリットがあります。

 

しかし、このようなメリットがあるにも関わらず電気自動車のように急速な普及の拡大を見せていない
背景には燃料電池を搭載する自動車にはコストがかかるという点と、燃料電池のそもそもの耐久性が
あまり優れていないというデメリットがあります。

 

コストが高いことにはエコカーであっても乗るメリットがあまり無いということですが、電気自動車に
燃料電池の導入が進むことになれば、燃料電池搭載の電気自動車がいろいろあるエコカーの中でも台頭
になることも十分に考えることができます。

 

燃料電池で走るエコカーに限らず、エコカーにはそれぞれのメリットやデメリットがあるため、これか
ら地球環境や財布に優しいエコカーを選んで乗ろうと考えている場合はエコカー減税などの仕組みを
上手に利用して自分が希望する条件に沿ったエコカーを選んでいきましょう。